神戸芸術工科大学 ファッションデザイン学科

神戸芸術工科大学

神戸でファッションを学べる大学

神戸の恒例行事♪小便小僧マント着せ行事レポート

六甲高山植物園のシンボルである小便小僧にマントを着せるセレモニーが11月3日文化の日に行われました!今年もファッションデザイン学科の学生からデザインを募って園内で行われる人気投票で決まったデザインが採用、セレモニーの様子をレポートします!

こんにちは!
秋も深まり神戸では紅葉が一層濃くなり、吹く風が冬の気配さえしてきました。

いかがお過ごしでしょうか?

さて!今回は11月3日に行われた小便小僧マント着せ行事の模様をお伝えします!

「小便小僧マント着せって??」
と思われた方に、まずはご説明します。

小便小僧とは六甲山にある六甲高山植物園にいる小便小僧の像のことです。
↓この子のこと!

標高の高い土地に生息する珍しい高山植物などが観察できるこちらの園のシンボル的な存在の小便小僧君。

しかし、裸では冬には寒くてかわいそう!
と、園にマントが贈られたのがきっかけで始まったのがマント着せ行事です♪

なんと今年で42回目!
神戸の寒い季節のの到来を感じさせる恒例の行事なのです。

今年のテーマは「森の案内人」

ファッションデザイン学科でデザインを募り、
選考された作品を夏休みの期間に植物園に飾って
来園者の方に投票をしていただきました!

それで選ばれたのがこちらのデザイン!

「ハンミョウ」という昆虫の別名が「道しるべ」という所から、

この昆虫の美しい背中の模様や羽を
デザインに取り入れた作品です。

さていよいよセレモニーの始まりです!
園の方の司会のもと、進んでいきます。

そして、制作した学生によるマントの着せ付け!

虫ということで背中には透明の羽がついています!

ファー仕様であたたかそうですね!
これなら冬もへっちゃらだね♪

神戸の恒例行事ということで
テレビ局、新聞社など様々なところから
取材を受けました!

昨年までの、マント作品を展示しているコーナーもありました。
自由に来て楽しめるようになっています。

秋の紅葉がとてもきれいな高山植物園。

「六甲ミーツアート」と題して、期間限定でアート作品を鑑賞できますよ!

今年の営業は11月23日まで、

興味のある方はぜひ秋の紅葉とマントを着た小便小僧に会いに六甲高山植物園に行ってみてくださいね!

セレモニーの後、
植物園のショップで開催されていた
園の木の実で作るリース作り体験を
ちゃっかり楽しんできた、まちだでした♪