神戸芸術工科大学 ファッションデザイン学科

神戸芸術工科大学

神戸でファッションを学べる大学

減災デザイン&プランニングコンペ2018

「減災デザイン&プランニングコンペ2018」の一次通過者によるプレゼンテーションが、4月1日(日)にHAT神戸にある「人と防災未来センター」にて行われました。
このコンペに応募した3回生の中から荒牧茉里奈さん、石倉海さん、古久保由希さん、早川真奈さん、友松美彩さん、坂牧静花さん、中島芽依さん、町田沙里奈さんの8名が入賞、そのうち早川真奈さんの「もしものときのOyasumi Best」が最優秀賞、荒牧茉里奈さんの「4 mom pro」が審査員賞を受賞しました!
プレゼンテーションは、ストリーミング配信され、皆さん緊張の中、頑張りました。

まず、発表者のトップバッターとして荒牧さんのプレゼンです。
トップバッターでしたが、堂々としてサンプルの説明も分かりやすかったです。

二番手は、石倉さん、荒牧さんに続いて、笑顔で大きな声でのプレゼンテーションでした。

小久保さんの発表。他の発表の時も、参加した8名が協力してサンプルの説明を手伝う姿が見られました。

はじめに発表した5名の講評。審査員の方たちからお褒めの言葉や、アドバイスをいただき、いい経験になりました。

後半グループの講評。ここでも厳しいお言葉をいただきましたが、3回生なので、これからの自分たちの制作に役立てていってくれることと信じています。

そして、待ちに待った結果発表です。審査員賞に荒牧さんの作品が選ばれました。サンプルでの実演が、とても分かりやすくて良かったと好評でした。

最後の最優秀賞の発表。作品タイトル「もしもの…」と聞こえた瞬間、鳥肌が立ちました。このコンペティションでファッションデザイン学科の学生が、最優秀賞を受賞するのは初めてのことです。審査員のコメントからは、実際に避難所でこれが活用されて、みんなが少しでも明るく元気になってくれたらいいなぁという彼女の想いが伝わったと感じました。

プレゼンボードの前で賞状を持つ荒牧さん、おめでとうございます!

同じく、早川さん、おめでとうございます!

最後に人と防災未来センターの前で記念撮影です。
8名の皆様、本当におめでとうございます。

プレゼンの日は、エイプリルフールでしたが、夢でも冗談でもありません!プレゼンテーションを頑張った皆さん、本当におめでとうございます!
この作品は、2回生前期の実習Cで取り組みます。新2回生の皆さん、先輩たちに続いて頑張って下さいね!