神戸芸術工科大学 ファッションデザイン学科

神戸芸術工科大学

神戸でファッションを学べる大学

革工場見学!

 

こんにちは!

また、いやな台風が近づいています。みなさま備えは万端ですか?

とはいっても、

今年の秋は涼しくて気持ちい日が多いように思います♪

 

さて、後期も始まり

先日、企画コースの3年生は、皮革工場の見学に行ってきました。

いきなりですが!

これ何かわかりますか?

原皮

原皮といいます。

牛の皮です。

兵庫県は古くから皮革産業が地場産業として発展してきました。

今回は、姫路の工場にお邪魔しました。

 

この原皮が、「皮革」になるまでの工程を見せていただきました。

 

原皮これが原皮を広げたもの。

腐らないように塩漬けにしています。

 

その原皮を大きな樽に入れ、今度は石灰漬にします。

石灰漬

 

するとこんな感じに。

石灰漬

石灰漬 石灰漬

段階を踏んで見せていただきました。

だんだん、毛が毛根から抜毛落ちているのがわかると思います。

毛を抜き取った面を銀面といい、革の表面になります。

 

工程は、まだまだ続きます。

鞣し(なめし)作業に入ります。

鞣しには、クロム鞣しとタンニン鞣しがあります。

クロムなめし

クロム鞣し

写真はクロム鞣し。

とても耐久性が出ますが、酸性の有毒な液に漬けますので、とても危険です。

逆に、タンニン鞣しは、植物性の油に漬けるので、自然にやさしく、色合いも良いですが、耐久性には弱いという特徴があるそうです。

 

こちらはバンドナイフ。

シェービング

この機械で、最終的な厚みにしていきます。

 

こちらはタンニン鞣しの製品です。

タンニン鞣し

クロム鞣しとは違い、人の肌色のようなきれいな色をしていて、

時が経つにつれてあめ色に変わっていきます。

 

そのほかにも、染色工程や、塗装作業の工場も見せていただきました。

大変な作業を経て、皮革が作られていることを知りました。

これから、兵庫県の地場産業の「革」を使った商品企画を行っていきます。

 

この工場見学を経て、どんな企画ができあがるか楽しみですね~♪

 

 

もりしたでした。