神戸芸術工科大学 ファッションデザイン学科

神戸芸術工科大学

神戸でファッションを学べる大学

デザインの現場特別講義・toi design

こんにちは!
先日は名古屋市でtoi desginというブランドを展開している加藤友美先生と
本学卒業生でもある黒瀬空見先生の特別講義がありました。

toi design(とわでざいん)の衣服は布を捨てないものづくりをコンセプトに、ハギレをポシャギのように縫い合わせて1枚の生地にして再生させたり、着物のように裁断に無駄のない四角衣服のデザインを多く取り入れたりすることで服作りをされています。
生地も近江の麻や一宮の毛織り物のような国内で生産されているものをふんだんに使っています。
また、長く着て色褪せた服の国内の天然染めの職人さんたちによる染め直しや、擦れや穴あきも修理をブランドで受け付けています。

toi designができるまでのおふたりの歩みをスライドを使って紹介して頂きました。
国内だけでも年間で膨大な衣服が廃棄されています・・・

国内だけでも大量の衣服が廃棄されていること、また服作りする過程でも多くの生地がハギレとして出てしまいます。
どのくらいの量かを実際に見るために、学生にハギレを持って来てもらってワークショップをしました。

それぞれ持った来たハギレをつなぎ合わせます。
各グループで仕上げた布を並べていきます。
長さ5m以上になりました!

また、自分たちが着ている服や服地がどこで作られたものなのか、なぜこの服を選んだのかを学生もプレゼンしました◯

日本で縫製されている衣服はとても少ない・・・

資源を大切にするということは、服づくりに携わっていく学生にとっても
とても重要なことです。。。

お忙しい中、講義してくださった加藤先生・黒瀬先生、本当にありがとうございました!